光学関連情報

講師・コンサルタント紹介 - 池田 弘明 Hiroaki Ikeda

プロフィール

1957年、静岡大学工学部電子工学科卒業、1975年、東京大学大学院工学系研究科 工学博士受領(MOS 電界効果型トランジスタの回路パラメーターの測定及び試験法)、2003年、IEEE Fellow(アメリカ電気電子工学会フェロー)(MOS電界効果型トランジスタによる高周波電力発生と応用)。

1957年、日本放送協会採用、主として技術研究所、技術本部にて電子デバイス、放送機器、放送システムの研究開発と実用化に従事し、放送設備のIC化と送信機(出力1kW~100kW以上)のMOS電界効果型トランジスタ化による機器、システムの信頼性の抜本的向上、特に電子デバイスの初期不良や偶発不良の回避による故障率の画期的低減と、保全業務の抜本的改善に貢献。

光学デバイスの研究開発に関しては、太陽電池アレイの特性解析と測定評価、MOS半導体膜厚測定器の高精度化(He-Neレーザ、AO変調器、同期検波、大型電算機の採用)、フラットパネル画像表示装置の開発立ち上げと方式検討、及び輝度変調方式(中間調表示方式)の提案と実用化、IC化イメージセンサーの方式検討など。

送信所では、データロガーケーブルや計測バス(GPIBなど)の光ファイバー化による高周波被爆の回避技術を提案(短波ラジオ送信所に採用)。

1987年 日本放送協会を円満退職して静岡大学 教授。静止画、映像、SSBデータなどの光ファイバ伝送(LED変調方式を利用)、高周波パワー発生と産業応用(産学協同研究)などの研究を実施。1998年 静岡大学を定年退職。1998~2000年 大手光学部品メーカーの研究開発に参加協力。2001年、若手電子システム技術者と共に(有)池田電子工学研究所を創業し、静止画データベースシステム、動画像(映像)編集システムを開発試作(画像検索技術を創成)。

2008年より工学博士 篠原茂信 静岡大学名誉教授を招聘して、レーザ戻り光自己混合を利用した計測センサー(変位、距離、速度、振動など)の事業化、光学デバイスと応用機器の受託設計検討、高周波応用機器の開発設計検討、コンサルタントなどに共同して取り組む。

先生からひとこと

研究開発と実用化に約半世紀、携わってきました。アジア諸国の台頭のなかで日本の技術の芽を摘まないで後世に伝えてゆくためには、日本の伝統である高い信頼性のある基本技術や製品技術を、世代間で伝えてゆくことが重要であると思います。一方、“研究開発”と言う言葉はメディアの影響力で独り歩きしていますが、技術的にも実態は非常に困難な仕事です。しかし、研究開発なくしては、日本の将来はないと言っても過言ではありません。したがって、効率よく開発を進めるためには、外部の成功体験者と協力して一緒に仕事を進め、成功する確率を高めたり、大きく成功させることが、好ましいのではないでしょうか。

専門分野

  • 光学系を含む電子システムや電子機器の高信頼性設計・試作と、その技術指導、支援
  • 各種電子機器・システムに、光波電子技術を導入して採用することにより高安定化、高信頼化したシステムの提案・設計・試作と、その技術指導、支援
  • レーザ戻り光自己混合を利用した計測センサーの応用精密計測提案、そのシステム設計・製作とその技術指導、支援
  • 基礎研究により得られている詳細データに基づく光学系利用制御機器や、精密機器等の実用化設計・製作とその支援
  • 上述の技術提案のドキュメンテーションと、その指導、技術支援

主な技術・研究の実績

  • アナログ/ディジタル画像とデータの光ファイバ伝送方式及び空間伝送方式と装置
  • レーザ戻り光自己混合計測センサーの各種電子回路システムと応用精密計測技術
  • 画像(静止画と動画)のデータベースシステムと検索技術、画像処理方式、画像照明
  • フラットパネル画像ディスプレイの応用(用途開発)と評価方式
  • 高周波電力MOS-FET式インバータ回路、電力制御方式、及び応用機器

主な著述・発表および講演

  • 鈴木、池田、ほか、”New Image Retrieval System Utilizing Image Directory of Gigabit Network for Distributing Industrial Product Information,” IEEE Trans. IA, 43,4, (2007)
  • N.A.Rabou, 池田、吉田、篠原、“Optical Fiber Transmission of Multi-Channel FM Audio and Video Signals,” IEEE Trans. 39, 3, 593-597(1993)
  • 池田、小林、“音響光学素子を用いたレーザ・エリプソメータ、”電子通信学会、情報・半導体部門全国大会(1977)
  • 大石、小島、池田、ほか、”An Experimental Realtime Color-TV Display with a Gas-Discharge Panel,” IEEE Trans. ED, ED-22, 9, 650-656(1975)
  • 池田、坂井、大石、平島、“An Experimental TV Display Using a Gas-Discharge Flat Panel,” SID Journal, 10, 5, 5-12(1973)
  • 池田、鈴木、“Si太陽電池のアレイ設計を目的とした等価回路、”NHK技術研究、22,3 (1970)
  • 村岡、中嶋、池田、“Readability of Alphabetical Letters on TFT-LCDs in relation to Human Factors,” Journal of Display Technology, under review for publication
各項目にご記入の上、「送信」ボタンを押してください。※は必須項目です。
お問い合わせ内容 
メールアドレス
お名前 
貴社名 
個人のお客様は「なし」とご記載下さい
お電話番号
ご住所

情報配信希望の方はチェックしてください

牛山善太の光学設計ノーツ/LED照明ノーツ 更新ご案内:月1回LEDコラムのご案内:不定期

確認画面に切り替わらずに送信されます。内容を確認されましたら、チェックを入れてください。

2営業日以内の返信を心がけておりますが、お時間をいただく場合もございます。
あらかじめご了承ください。
お急ぎの場合はお電話にてお問い合わせください。