LED 照明ノーツ 7 ver1.1
光源光度データからの照度分布の予測
今回は LED から放射される光を制御して、(LED を複数個配置したり、レンズ、ミラー、
拡散シートなどの光学素子を適当な位置に付加したりして、)所望の照明光を得るための設
評価技術の基礎となる、光源データ、照度計算の考え方について解説させていただきた
い。
1.コンピュータによる照明系の評価
近年の照明系設計においては、光源の比較的近傍においても明るさの分布、照明角度特性
の精度の高い評価が求められるため、非常に大量の計算が必要となる。また複雑な発光特性
の光源を扱ったり、光源が数多く存在したり、或いは後述の拡散シートやレンズ等の役割も
同時評価せねばならず、パソコン等で稼動する照明系評価ソフトウエアーと言うものがあ
る程度精度の高い設計には、どうしても必要になる。以下では、LED 製品のカタログ data
基にして光源の基本配置を行い、それをコンピュータによる照度シミュレーションで評価
した結果を示す。
本シミュレーションは照明系設計・評価ソフト“照明シミュレーター” 1)により行って
いる。
光源としては日亜化学工業株式会社の LED、NSPWR70CSS-K12)
を採り上げる。
の光源が横一列に7個、等間隔で並んでいる状態をご想像戴きたい。
2.光源からの距離と照度分布、照度分布の予測
ここで LED 光源が横一列に並んでいる平面を光源面と呼ぼう。この光源面から適当な
距離離れ、光源面に平行な平面(被照明面)を照明する場合を考える。これから説明させて
いただく照明系において、図1はその被照明面上の照度分布を表す。コンピュータ上で非常
に多数の光線を光源から発生させその行方を追い(光線追跡)シミュレートしたデータであ
る。等高線の様なもので照度の高低が表されている。照度は単位面積あたりを照射する光の
エネルギーを表すので、単純に照度の高い場所は明るく照らされている、と考えて戴いて結
構である。
2 に日亜化学工業 web サイト2)より得られるNSPWR70CSS-K1 の発光角度
特性を示す。
1 照度分布予測より定めた光源間隔を用いた照度シミュレーション