光の拡散を自由にコントロールする レンズを応用した光学シート 光の拡散を自由にコントロールする レンズを応用した光学シート
お問い合わせはこちら

03-5833-1332

受付時間/9:00〜18:00(土日祝除く)

様々なアプリケーションで
実績があります

  • 画像検査用照明

  • ラインセンサ用照明

  • ヘッドマウントディスプレイ

  • ヘッドアップディスプレイ

  • ジェスチャー認証装置
    モーションセンサー

  • 舞台照明・スポットライト

  • 車載装置(テールランプ、LiDAR、ウェルカムライトなど)

  • 生体認証装置(静脈・虹彩など)

お問い合わせはこちら

03-5833-1332

受付時間/9:00〜18:00(土日祝除く)

ーレンズ拡散板LSDとはー

光拡散シート・光拡散フィルム(光学シート・光学製品)

レンズ拡散板:LSD(Light Shaping Diffusers, Luminit)は、ホログラフィック技術で光を拡散整形し、効率的にムラなく均一に広げます。この技術は、ポリカーボネートフィルム等の表面に転写されたホログラフィック形状が、微小かつランダムなレンズアレイとして働くことで、光が屈折によって拡散します。

可視域だけでなく、紫外域や近赤外域でもご使用いただけるタイプもございます。
(対応可能波長範囲:240nm~1100nm)

効果1

透過率が高い

85〜92%
レンズと同じ仕組みで光が入射・出射するので高透過

400~1100nmの波長域において透過率:85~92%(標準在庫品)です。損失が少ないので光を効率良く活用できます。紫外域用にUV透過アクリルを基板としたタイプ(340nm~)、石英を基板としたタイプ(240nm~ 3種類)も選択可能です。

なお、基板により拡散角度、厚み等に制約がございますので、詳しくはお問い合わせください。

効果2

多彩な拡散のバリエーション!

円形8種以上、楕円4種以上
広い拡散、中拡散、狭い拡散(円形)、または一方向に大きく広がる拡散(楕円)を選べる

レンズ拡散板:LSD表面のホログラフィック形状は拡散角度毎に異なっており、その形状が光の広がり方を制御しています。拡散角度は相対強度の半値全角、FWHM(Full Width Half Maximum)で定義されています。
標準在庫品で円形拡散1°~80°、楕円拡散30°x5°~60°x10°の13種類を用意しております。

効果3

均一度が高い

放射強度はガウス分布
シート表面に隙間無く配置された疑似ランダムなレンズが、ムラなくキレイな光に変換

レンズ拡散板:LSD表面のホログラフィック形状は、ミクロンレベルのレンズがランダムに配置されたマイクロレンズアレイと言い換えることが出来ます。このレンズアレイが定義通りの拡散角で光を拡散させます。
均一度が高くムラのない光を作り出せるのは、レンズがランダムに配置されていることが要因です。

※Light Shaping Diffusers (LSDs®)は、米国「Luminit, LLC」の製品です。
※株式会社オプティカルソリューションズは、「Luminit, LLC」が指定した日本総代理店です。

お問い合わせはこちら

03-5833-1332

受付時間/9:00〜18:00(土日祝除く)

使用事例

1.検査用照明への応用(LSD60x1PC10-12)


A社B技術担当者様


フィルムやシート、ガラスなど大判製品の欠陥を検査するためのラインセンサ用照明をLEDで開発を始めた際、LEDを1列に並べることで線状の照明は得られると考えていました。実装してみたところ、確かにLEDの配置ピッチを狭めることで線状の照明にすることは出来たのですが、配置間隔を広げるとその間隔毎に照明の明るい・暗いが分かり易くなってしまいます。

乳白板のような拡散板で改善を試みましたが、明るい・暗いの差の改善は若干で全体的な明るさも落ちてしまったので、結局LED同士のピッチ・間隔が狭く大量にLEDを使用しなければならなく、放熱処理やコストの問題で困っていました。

そんなときレンズ拡散板LSDを紹介してもらい、試しに照明に当ててみたところ、LEDの並び方向にのみ光が広がることに驚きました。試作キットを購入させていただき評価を進めたところ、必要な方向にのみ光をキレイに広げてくれるので、LEDの間隔を広げても明るい・暗いの差が小さくなり均一な照明になって、その結果LEDの個数も減らすことが出来ました。

量産品に繋げることが出来たので感謝しています。検査照明用途としてでも、重要な機能を持った拡散板だと思います。

2.生体認証装置への応用(LSD80PC10-12)


C社D開発担当者様


指紋や静脈、虹彩といった生体認証装置の近赤外線LED照明の開発を行っていました。LED光源をそのまま使用することで生体認証に必要な撮影は可能だったのですが、被写体全体に均一な光が当たっている訳ではないので繰返し精度を上げることが出来ず、そのためには拡散板が必要だろうと探していたところ御社のレンズ拡散板LSDに行き着きました。

光を広げることで光量が相当落ちることを覚悟していたのですが、全くそんなことはなく、光量の減衰は若干で、それ以上に均一な照明を作り出せたことに感動したことを覚えています。樹脂性のシートなので場所を取らず組み込みが容易だったことも大きいです。

薄いシート1枚で照明を均一化してくれるこのレンズ拡散板LSDは非常に優れた光学部品だと思っていますので、同僚にも薦めています。

お問い合わせはこちら

03-5833-1332

受付時間/9:00〜18:00(土日祝除く)

よくあるご質問

Q1.何枚(何個)から入手できるのか、納期は?
規格在庫品(300mm x 300mm x 0.25t, ポリカーボネート製)は1枚、試作キット、評価キットは1個から即納対応いたします。
カスタム品の場合は、形状、材質等によりますので、ご相談ください。
(MOQ1~6個、納期1~3ヶ月程度)
Q2.適した商品を提案していただけますか?
はい。専門の担当者がご用途に最適な角度を提案いたしますのでお問合せください。
実機ですぐに評価したい方には、拡散角度を複数種揃えた試作キット・評価キットを用意しております。
Q3.実績について教えてください
光に関わる多くの分野でご採用いただいております。
検査用照明やハイテク機器の光源装置、顕微鏡から、舞台照明や街灯、ダウンライトなど幅広くお使いいただいております。
また、車載用途としてテールランプやインパネ、HUD(ヘッドアップディスプレイ)などにも採用されています。
Q4.他の拡散板とどう違うのか?
レンズ拡散板LSDは、名前の通り表面の構造体がレンズとして働き、光を屈折させることで拡散させます。
一方、すりガラスは表面のギザギザにより光を乱反射させることにより、また、乳白板は内部のフィラー(拡散剤)により散乱し、拡散させています。
レンズ拡散板LSDはレンズとして働くので、透過率が高く、拡散のパターンが多種ございます。
Q5.耐熱性はどう?
素材によって異なります。
シート品(規格品:ポリカーボネート製)は-30℃~80℃、ガラス品(カスタム)は~150℃、275℃、500℃の3タイプ、インジェクションモールディング(カスタム)は素材となる樹脂の耐熱性となります。
Q6.RoHSやREACHなどの環境物質対応は?
対応しています。
各種書類が必要な場合は作成しますのでご相談ください。

お問い合わせ

下記フォームに必要事項をご入力いただき「お問い合わせを送信する」ボタンを押下してください。

確認画面は表示されませんので、内容を確認し、送信をお願いします。

※お急ぎの場合は、直接お電話
03-5833-1332)にてお問合せください。

■お名前必須
■メールアドレス必須
■会社名必須
■部署名任意
■電話番号必須

ハイフンを入れてください。

■郵便番号任意
■ご住所任意
■お問い合わせ内容必須

個人情報保護方針

■個人情報保護方針について

株式会社オプティカルソリューションズ(以下「当社」といいます)は、個人情報の適切な取扱いが非常に重要であるとの認識のもと、個人情報保護方針に基づき、次のとおり取り扱います。

【個人情報の取得について】
個人情報の取得にあたっては、適法かつ公正な手段により取得させていただきます。

【個人情報の利用について】
取得いたしました個人情報は、以下の利用目的に必要な範囲で利用させていただきます。

・商品や技術の販売・提供・修理及び点検、アフターサービス、カタログの送付など、商品やサービスを提供するため
・商品の企画、開発、宣伝、販売・サービス活動に、お客様の要望を反映させるための資料とするため
・商品や技術情報、企業情報、サービスまたはそれらに関連する情報を提供するため
・展示会や講習会等において参加者を募集するため及びその後の連絡などを行うため
・業務上、必要となる取引先との関係維持、構築のため
・採用に関する個人情報については採用可否の検討資料とするため、および応募者との連絡のため
・個人情報保護法その他の法令で認められた利用目的に利用するため
・個人情報を元に、個人を特定できない状態とした上で、統計的なデータとして利用するため

【第三者への提供等について】
取得いたしました個人情報は、以下の利用目的に必要な範囲で利用させていただきます。

【1.第三者への提供について】
取得いたしました個人情報の第三者への提供につきましては、下記の場合を除き行いません。

・事前に同意をいただいた場合
・個人情報保護法その他の法令で認められた場合

【2.取業務委託先について】
取得いたしました個人情報は、使用目的を達成するために必要な範囲内において、当社の業務委託先に対し個人情報を開示・提供することがあります。

【3.共同利用について】
取得いたしました個人情報は、サービスを提供するために、提携先企業と共同利用することがあります。

【個人情報の管理について】
取得いたしました個人情報は、漏洩、滅失、毀損することがないよう保管に注意を払います。

【見直しについて】
当社は、個人情報の保護に関連する日本の法令、その他の規範を遵守するとともに、上記内容を適宜見直すことにより、個人情報の保護につき継続的な改善を図ります。

【個人情報のお問い合わせについて】
TEL:03-5833-1332
メール:info@osc-japan.com
株式会社オプティカルソリューションズ
代表取締役社長 関雅也

個人情報保護方針に同意して、
下記ボタンからお問い合わせを送信ください。

会社情報

社名
株式会社オプティカルソリューションズ
ホームページ
https://www.osc-japan.com/
メールアドレス
info@osc-japan.com
本社所在地
〒101-0032
東京都千代田区岩本町2-15-8 (MAS三田ビル3階)
Tel:03-5833-1332 Fax:03-3865-3318
代表取締役社長
関 雅也
設立
2001年9月20日
資本金
JP 10,000,000-
主な業務内容
光学コンサルテーション(設計、シミュレーション、セミナー)
光学部品の企画
光学部品の販売(試作・量産)及び輸出入
測定装置の販売及び輸出入
主要取引先
■光学機器メーカー:キヤノン、ニコン、オリンパス、富士フイルム、リコー、トプコン
■電子機器メーカー:ソニー、シャープ、カシオ計算機、NEC、パイオニア、オムロン、アルプス電気、浜松ホトニクス、フジクラ、富士通フロンテック
■照明メーカー:岩崎電気、東芝ライテック、オーデリック、遠藤照明、コイズミ照明
■その他:東京大学、東北大学、東京工業大学、信州大学、旭化成、トヨタ自動車、富士電機、NHK放送技術研究所
主要仕入先
Luminit, LLC(USA) ※日本総代理店
NANOFOCUS AG(Germany)
MY POLYMERS LTD(Israel)
旭化成
セコニック
ベストメディア

お電話でのお問合せ

03-5833-1332

9:00〜18:00(土日祝除く)

お問い合わせ
page top

Copyright(C) オプティカルソリューションズ All Rights Reserved.