『有機EL照明の築く将来』

光交流会 第260回オプトフォーラム
光交流会 代表幹事 関 英夫
講 師:有機ELパネルテック京都 代表 武内 勉 氏
第260回オプトフォーラムは有機ELパネルテック京都 代表 武内様に次世代照明の一つとして有望視されている有機EL照明についてご講演いただきました。
武内様は山形大学の城戸教授が所長である(財)山形県産業技術振興機構 有機エレクトロニクス研究所で主任研究員として六年間勤務され、有機EL照明の実用化に深く関与されてきました。
講演は有機ELの歴史から基本構造、抱える問題点と特徴、各社の取組状況など幅広く紹介戴き、有機EL全般に付いて理解を深める事が出来ました。
高効率照明としては兄弟関係になる無機のLEDが一歩リードしておりますが、面発光、紫外線を含まず太陽光に近い発光、退色しない、水銀を含まず環境に良い、薄いなど多くの特徴を持っており、注目度の高い照明であることは変わり有りません。
2012年から急速に市場が拡大する事を睨んで、多くの企業が実用化に取り組んでいます。
担当幹事:蜂須賀

お問い合わせはこちら
03-5833-1332