LEDのライン照明に用いるプラスチック製シリンドリカルレンズを作っています

LEDを計測用ライン照明装置として使う場合、エネルギー面から考え、ライン上に集光することが重要になります。
例えば液晶用ガラスの基板検査などはライン照明とCCDカメラにより 1μの欠陥を検査しています。
高速に計測するには高い照度が必要となりますが その場合、有効なのはライン上に光を集めるシリンドリカルレンズです。
しかし 長いシリンドリカルレンズは樹脂成型では型代が高く製品も高額になってしまいます。
当社では アクリルの板からシリンドリカルレンズを作っています。長さは100mmから1800mmまで作れます。
幅と焦点距離、フランジの有無は指定できます。
また 当社のホログラム技術による拡散・整形フィルムLSDシリーズのLSD40X0.2PC10-F20を一緒に用いると 
LED間の明るさのムラも無くなり 高品質は照明が可能となります。
LSDに付いて詳しくは知りたい方は 当社ホームページのマイクロレンズからLSDを開いてください。
シリンドリカルレンズは特注になりますので お問い合わせください。

お問い合わせはこちら
03-5833-1332