4.Newton ringについて

光学設計ノーツ4.Newton ringについて
Newton ring とは現代でも、レンズ研磨工程、或いは検査においてレンズ表面の品質を簡便に、多くの用途で十分な精度で検査するために大きな役割を果たしている干渉縞のことである。
この干渉縞を検査に用いる手法は、その名の通り18世紀から実用化されている検査法であるが、堅牢な干渉測定器がレーザの生まれる遥か以前のこの時代に完成され、今日まで成果を上げ続けている事になる。
今回はこのNewton ring について考えさせていただきたい。
光学設計ノーツ4.Newton ringについて 全文を読む
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら
03-5833-1332