38.部分的コヒーレント結像の考え方 8

光学設計ノーツ38.部分的コヒーレント結像の考え方 8
部分的コヒーレント光学系の結像式について
これまで扱ってきた部分的なコヒーレンシーの概念を導入する事により、より一般的な結像の表現、定式化が可能となる。
ここではその重要な表現手段について解説させていただく。
図1のような結像系を考える。
左からインコヒーレントな一次光源面S:座標(xs,ys) 、透過物体面:(X’,Y’ )、結像光学系入射瞳面、射出瞳面:(x,y)、像面:(X,Y)である。
  
ここで、光源面と物体面のコヒーレンス度の間にはファン・シッター-ツェルニケの定理によりフーリエ変換の関係があり、フーリエ変換内の指数関数は、2平面の距離をD,物体面上の2点間の距離を∆X’、∆Y’として本連載33回(16)式より・・・
光学設計ノーツ38.部分的コヒーレント結像の考え方 8 全文を読む
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら
03-5833-1332