46.収差展開式における収差の分類

光学設計ノーツ46.収差展開式における収差の分類
今回は、収差の多項展開式に現われる収差項(前回では現れなかった)の内容について検討し、光学系結像に存在する収差と言う混乱したものを出来るだけ整理して考えてみよう。
以下では前回の収差展開式が前提となっているので、ご参照願いたい。
1.収差の展開式
像面上の理想像点からのズレ、収差はy、z方向それぞれに、瞳座標、物体座標のべき級数展開関数として以下の如くに表現できる…。
2. ザイデルの5つの3次収差
2.1球面収差
2.3非点収差と像面湾曲収差
2.4歪曲収差
光学設計ノーツ46.収差展開式における収差の分類全文を読む
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら
03-5833-1332