47.波面収差から得られる幾何光学的照度分布

光学設計ノーツ47.波面収差から得られる幾何光学的照度分布
 波面収差と光線収差の関係を表わす式を用いれば、光束の集光密度を計算し、波面収差から像面上の照度分布を求めることが可能であり、任意の次数の、任意の収差の存在する場合の照度分布を得ることができる。
ここで得られる数式は、多数の光線を追跡して得られるスポット・ダイヤグラムの様な計算機実験的な結果からではなく、幾何光学的強度の法則に基づく解析的な強度・照度分布を直接表わす。
例えばSeidelの特定の3次、あるいは5次の収差を持つ光学系における理論的な幾何光学的照度分布を検討することにより(全ての幾何光学的収差が混在してしまうスポット・ダイヤグラムによる評価とは異なり、注目する収差のみの純粋な影響を取り出すことが出来る)、これらの収差固有の照度分布パターンを、また、幾何光学理論の限界などについて考察することも可能である。
幾何光学においては、波面収差などの収差関数から像面上の幾何光学的な照度分布を求め得る、後述させて頂く式は非常に重要な意味を持つ。
1.幾何光学的照度分布
2.参考文献
光学設計ノーツ47.波面収差から得られる幾何光学的照度分布全文を読む
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら