62.導体中のヘルムホルツの方程式

62.導体中のヘルムホルツの方程式
前回は厚みのあるホログラムについて考えさせていただいた。そこでは体積内に多層的な干渉縞が形成されることや、情報再生のためには、薄いホログラムの場合とは異なり、厳しい再生の条件が存在すること、つまり、複数のホログラム原稿が一つの体積ホログラム中に多重露光されていても、再生光照射時に角度、波長等において、それぞれのホログラムに固有の条件のみを満たすことにより、所望のホログラムのみの再生が可能になるという選択性が存在すること等について解説させていただいた。本連載、以降ではこの選択性、或いはBragg 条件についての考察を、さらに進めさせて頂きたい。そこで、最初に、波数kのより一般的な表示を行う際に必要になる、吸収などを含む、導体中の光波の挙動を表現する方程式について解説させていただく。
光学設計ノーツ62.導体中のヘルムホルツの方程式 全文を読む

お問い合わせはこちら
オンライン通話も対応
03-5833-1332