• Home
  • LEDコラム
  • 照明ムラで困ったら≪レンズ拡散板≫シリーズ11.照明シミュレーションソフトによる拡散状態の検討

照明ムラで困ったら≪レンズ拡散板≫シリーズ11.照明シミュレーションソフトによる拡散状態の検討

パソコン画面上でこの拡散パフォーマンスがレンズを含めた光学系として評価できる照明シミュレーションソフトとしては国内で開発され安価、高精度で操作が容易な「照明Simulator」(開発元:(株)ベストメディア)による照度シミュレーションを例に述べる。
資料16
series16
資料16は単体のLED の前にコリメート用のレンズを配置し照射面での照度分布をシミュレーションした結果である。周辺部にドーナツ状の高いエネルギー分布部あり中央のエネルギーは低くなっている。

資料17
series17
資料17はこのレンズの前面に20 度拡散するレンズ拡散板を加えたものである。中心部の低照度部が消え、ガウシアン状の分布となったことがお解りいただけるであろう。

資料18
series18
資料18は4個のLED の前にそれぞれコリメータレンズを配置し4個の平行光源としたものである。照射面では4 カ所のスポットとなっている。

全文をpdfで読む

お問い合わせはこちら