16.レンズを使う3<レンズの結像関係を表す式>

LED照明ノーツ16.レンズを使う3<レンズの結像関係を表す式>
前々回において、光線の結像がどの様に起こるのか概説させていただいて、光線が空間をいかに進むのか、屈折率の異なる媒質境界面で如何に屈折され、あるいは反射されるのかについて触れた。
そして、sinθをθと近似することにより(近軸近似)理想的な像位置が得られた。
この近軸近似の精度については前回に触れさせて戴いている。
今回はこの近軸理論より得られる成果について解説させていただきたい。
そこから、物体、像の位置、そして結像倍率まで計算することが可能となる。
1.焦点距離
これまでにお話しさせていただいた様に、ガラス、空気などが接する境界面における光線の屈折の方向はスネルの屈折則・・・。
LED照明ノーツ16.レンズを使う3<レンズの結像関係を表す式> 全文を読む。
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら