23.レンズを使う10 <アッベ数について>

LED照明ノーツ23.レンズを使う10 <アッベ数について>
前回、述べさせていただいた様に、色収差とは、一般的に、レンズを通過する光線の色・波長の違いにより、レンズの媒質の屈折率が異なり、それぞれの波長による像面上収束点が一致しないことを言い、画像の乱れを引き起こす。この色収差は、焦点距離計算などにおける、光線追跡計算の一次近似の領域においても存在し、或る意味では、最も基本的かつ構造的な収差であると考えられる。(勿論、高次の領域においても存在する。)
ここでは、この近軸領域における色収差についての重要な係数、アッベ(Abbe)数について解説させて戴きたい。
1.焦点距離の色収差
まず最初に、焦点距離fの薄肉系単レンズの焦点距離についての色収差について考えよう。
簡便のためレンズの厚さを0と考え、1面、2面の曲率半径をそれぞれr1、r2、
硝子の屈折率をnとすれば(図1)….

LED照明ノーツ23.レンズを使う10 <アッベ数について>  全文を読む。
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら
03-5833-1332