ランダムレンズアレイにより拡散板に新しい技術を付加

オプティカルソリューションズは光の均一化に有効な拡散板としてレンズアレイによる拡散レンズフィルムLSD(Light Shaping Diffusers)を提供してきましたが この度、新たにレンズ層に白色ナノパーチクルを添加し、より拡散性と光源の隠蔽性を上げた拡散板を販売する。
拡散レンズフィルムLSDはホログラム技術によりマイクロレンズアレイをUV硬化剤を用いて基板上にランダムに配置した拡散板「拡散レンズフィルム」である。このたび このレンズ層に白色のナノパーチクルを一定割合添加したWPCタイプを発売する。
この添加により、従来のレンズ効果による拡散に加え、白色ナノパーチクルによる拡散が加わり更に拡散性能を上げることが可能となった。
このWPCタイプの拡散レンズフィルムLSDの配置によりLEDの発光部が透けて見える現象が回避できる。
また 液晶テレビなど、バックライトのCCFLランプのムラを改善する用途でも注目されている。
詳細はお問い合わせください。

お問い合わせはこちら
オンライン通話も対応
03-5833-1332