33.部分的コヒーレント結像の考え方 3

光学設計ノーツ33.部分的コヒーレント結像の考え方 3
点光源を仮定すれば、コヒーレンスの問題は時間的コヒーレンスに集約される。この場合、前節で取り上げた、光源の周波数分布特性E(ν)が複素コヒーレンス度μ12に影響を及ぼす。
また、電球のフィラメントの様に、光源がそれぞれ、タイミング的にばらばらに光波を発する微小光源により成り立ち、インコヒーレントな面積を持つ時、この様な光源の広がりも、μ12に影響を及ぼす。この影響は空間的コヒーレンスと呼ばれる。
ここでは光源の強度分布とそれによる被照明面(2次光源、或いは照明されている被写体と考えても良い)におけるコヒーレンシーの関係について解説させていただきたい。
1.ファン・シッター-ツェルニケの定理
ここからは、この空間的コヒーレンスを取り扱うために、時間的コヒーレンスの良い光源を仮定しよう。
つまり、準単色光源の集合により光源面が形成されているとする。M個の微小光源(点光源)の集合と考えられる、準多色光源の中心各周波数をω0、とする時、図1にある様に、光源面上の点Smから放射される光波による受光面上の点Q1‘(照明されている、被写体、2次光源 と考えることも出来る。)における、時刻tでの複素振幅は、これら2点間の距離をL1mとして、球面波の進行を考え・・・
光学設計ノーツ33.部分的コヒーレント結像の考え方 3 全文を読む
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら
03-5833-1332