57.平面波スペクトラム法と光学設計・評価への応用

光学設計ノーツ57.平面波スペクトラム法と光学設計・評価への応用
平面波スペクトラム法についてこれまで述べさせて戴いて来たが、今回はこの手法を光学系評価の場において、どの様に応用していくのか、どの様に計算をまとめるのか、と言うことに関連して解説させて戴きたい。
1.光学系設計・評価への応用、像面での考え方
  空間における、光波の伝播を平面波スペクトラム法により表わせることは述べた。様々な光工学の分野で有用であるが、この手法は、さらに収差を持つ光学系がその系の中に存在する場合にも、レーザ光源の様な、小さなフレネル数を持ち、(既述した様にこうした光源からの等位相波面には単純に幾何光学的波面の進行を想定できない)空間的にコヒーレントな面積を持つ光源による光波の伝播、被写体の結像を評価・再現することに役立つ。これまで述べたように、初期平面における複素振幅分布を入力することにより、そこから、半空間に放射する光波を平面波に要素分解して表現できる。この時の、各要素平面波の振幅は本連載第54回(4)式….
<光学設計ノーツ57.平面波スペクトラム法と光学設計・評価への応用 全文を読む
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら