24.レンズを使う11<張り合わせレンズにおける色収差の除去>

LED照明ノーツ24.レンズを使う11 <<張り合わせレンズにおける色収差の除去>>
前回は色収差を考えるうえで非常に重要な、アッベ(Abbe)数について解説させて戴いたが、このアッベ数と焦点距離を計算する近軸理論の組み合わせにより、薄いレンズ同志が密着した場合における、焦点距離の色収差除去のための条件を導くことが出来る。この条件は照明系をも含むすべての、多色の状況における、レンズ系配置の基本を示唆するものである。
1.色収差を除去できる条件
前回、触れさせて戴いた通り、d線(587.6nm)を中心として、C線(656.3)、F線(486.13)の焦点距離の色収差を考えれば、

LED照明ノーツ24.レンズを使う11<張り合わせレンズにおける色収差の除去>  全文を読む。
株式会社タイコ 牛山善太

お問い合わせはこちら